やりたいことを見つけるマインド【営業成績ビリからのスタート】

宇宙で何かを探している人

自分のキャリアを考えて「今のままでいいのか?」と思ったことはありませんか

なんか漠然と不安になってしまうんだよね。
僕は元々ビリの営業マンだったんだから特にそう思ってたよ。
こんな人におすすめ
  • 自分のキャリアが漠然と不安なひと
  • 仕事で自分の価値を感じていない人
  • 自分を変えたいと思っている人
目次目次[閉じる]

わたしの経歴

わたしは今の会社に入社して7年、いろんな部署をふらふらしてきました。

成績ビリの営業時代

最初にやったのは不動産営業。成績はビリでした。

営業で売れないのは本当に辛いんです...

その日をどう乗り切るかだけを考えて1日を消化する日々。

あのまま続けていたら、最悪のことも考えたかもしれない...それくらい辛かったです。

部署異動と新たな出会い

3年目に部署異動になりました。

営業から一転、マーケティングの部署でした。

異動初日、上司にこんなことを言われました。

「やりたいようにやっていいぞ。責任はおれがとるから」

この言葉が今でも忘れられません。こんな人もいるのか、と。

もしかしたら自分は変わるかもしれない...

そんな兆しが見えたのも束の間、出向を命じられました。

不夜城と詠われた霞ヶ関へ

出向先は国の中枢、霞ヶ関でした。

全く未知の世界「行政」。

期待と不安と期待が入り混じりました。

まず、衝撃を受けましたのは職場の「アナログ文化」

  • 10分に1回フリーズするパソコン
  • 大量のバインダーと書類の山。

まるで昭和の会社にいるようでした。 (わたしは平成生まれですが...)

そんな中でも、いろんな人と出会い、たくさんの刺激をもらいました。

やりたいことを見つけたIT部署

出向から戻ったあと、ITの部署に配属になりました。

わたしはそこで「業務改革」という言葉と出会いました。

具体的には何をやるの?
ITツールを使った業務効率向上とかだね!

ときどき悩んだり、立ち止まったりしながらも今は楽しく仕事ができています♪

なりゆきでここまできた私ですが、

今考えると重要な分岐点がいくつかあったなと思います。

この記事では、今思う、自分のやりたいことを見つけるために大事なことを話していきます。

本当にきついときは迷わず逃げる

何よりも大事なのは健康

メンタルが本当にきているなと思ったら逃げましょう。とにかく逃げる。

心と体の健康が一番!最優先!

私も営業が本当に辛かったとき、ボロボロでした。

  • どんなに寝ても運転中に睡魔に襲われる。
  • 上司と話しているとき足が震える

こんなときは自分を客観視できなくなります。

本当に辛いときって「とにかく自分だダメなんだ」って思ってしまうんだよね。

自分がすごく狭い世界で生きていることすら気づきません。 はっきり言います。

ポイント
逃げるのは悪いことではない
私はいやなときは全力で泣くよ。
そうそう、大人もそのくらい正直でもいいかもね。

逃げるというのも大事な選択です。

「魔のワード」の幻想に惑わされない

逃げようとする人に周囲はこういうことを言ってきます。

今の仕事から逃げる人は何をやってもうまくいかない

これ、本当に怖い言葉ですよね。

逃げ場がなくなっちゃうね...

もちろん世の中には逃げてはいけないときはあります。

ただ、心が悲鳴を上げているときは別です。

このような魔のワードには惑わされないようにしましょう。

あたなが活躍できる場所は他にあります。

転職の前に考えておくべきこと

逃げる = 転職  と考える人は多いと思います。

その前に部署異動の可能性も考えてみましょう。

いきなり別の業界に行ったり、無職になるのは不安ですよね。

私は部署異動できたことによって人生が変わりました

わたしは営業時代に人事に相談したところ

「活躍の場はひとつじゃないから他のところでがんばってみないか?」と言ってもらえました。

辞める決意があるなら一度会社に相談するのもありです。

やりたいことを見つけるために実践してほしいこと

「小さな好きなこと」を全力でやる

自分が嫌な業務の中にも「これはやってて楽しい」と思うことはありませんか?

私は営業活動は苦手でしたが、資料を作成する業務は好きでした。

社内のちょっとしたミーティングの資料でしたが、「この資料わかりやすい!」と言ってもらえてうれしかったですね。

たとえ評価に直結しなくても好きなことは全力でやってみましょう。

それが知らずのうちに自分だけの武器になっていることがあります。

自分が得意で周りが苦手なことを探す

「やってて楽しいこと」が周りが苦手なことだった場合、それはチャンスです。

私はデザイン、資料作成が得意でした。

営業の会社ってあまりそういう人いないんだよね。

でも、自分だけができることって評価されにくいんです。

なぜかというと周りは興味をもっていないからです。

すると、長所だって自分で気づかないことが多いんですよね。

ポイント
自分の気づかないところに長所がある

周りよりもちょっと得意だなと思うところを探してみてください♪

できるときに思いっきりやる

配属や部署異動は結局は運です。

いい上司に巡り合うこともあれば、嫌な上司に巡り合うこともあります。

「環境のせいにはしてはいけない」

なんてことも言われますが、環境に左右されるのは普通です。

環境が悪い時は我慢の時期かもしれません。

ただ、巡っていい環境になるときもあるはずです。

そのときに思いっきり自分のエネルギーを使ってください!

挑戦することは最初はストレスのかかります。

挑戦した方がいいとわかっててもなかなかできないものだよね

しかし、その一歩を踏み出すことで大きな成長が待っています。

好きな本で松下幸之助の「道をひらく」という本があります。

そこには、「逆境は尊い、しかしまた順境も尊い」と書かれています。

風向きがいいときにその流れに乗るのも良しなんです。

常に今の自分に疑問をもとう

今のままでいいのだろうか?と考えている時点で一歩進んでいると思います。

何も考えなくなったら成長が止まってしまいますよね。

私もよく「自分の人生はこのままでよいのか?」と悩みます。

ただ、意識しているのは

ポイント
とりあえず何か行動してみること

そうするとちょっといい変化が起こったりします。

この記事で今の自分に漠然と不安がある人の役に立てばありがたいです。