【2022年度最新版】Twitter APIの申請方法【画像解説付き】

Twitter APIの申請方法

パパ
今日はTwitter APIの申請方法をやっていくよ!
あこ
これをやればプログラムでTwitterを扱えるね。
目次目次[閉じる]

Twitter APIの申請方法

まずは、こちらのDeveloper Portalのサイトで申請をします。

サイトの右上にある「Create an app」をクリックします。

Create an appのボタンをクリックする

下のような画面が出てきたら「apply」をクリックしましょう。

applyをクリックする

次に、あたなの情報や利用目的について聞かれるので、それぞれ入力していきます。

あなたの情報やTwitter APIの利用目的を入力

私は以下のように入力しました。

  • 名前 => 自分の名前
  • 住んでいる国 => Japan
  • 利用目的 => making a bot (botを作成)
  • 政府利用 => NO

最後のチェック項目は任意なのでチェックしなくてOKです。

入力したら次の画面に進んでください。

次に、ポリシーへの同意を求められるので一番下のチェックボックスにチェックを入れて「submit」をクリックしてください。

ポリシーへの同意

すると自分のメールアドレスに確認メールが届きますので、メールを開いて承認しましょう。

メールによる確認

メールによる確認が終わったら、以下の画面が表示されます。

入力部分に自分のアプリ名(好きな名前)を入力して「Get keys」をクリックします。

アプリ名を入力する

APIを利用するためのAPIキーが表示されます。

APIキーなどの表示

APIキーは同じものは二度と表示されないので、必ず控えておいてください

次にもう一度Developer Portalに戻り、ユーザー認証を行います。

以下の画面の「User Authentication Setting」の「Edit」をクリックします。

Twitter APIのユーザー認証画面

「Auth 1.0a」にチェックを入れましょう。

ユーザー認証設定画面

そこから下にスクロールすると以下の画像のような入力部分が出てきます。

URLの入力

それぞれ以下のように入力しましょう。

  • https://127.0.0.1:3000/cb
  • https://twitter.com/自分のIDの@以下

入力したら下の「Save」をクリックします。

さきほどの画面で「OAth 1.0a turned on」と緑色のチェックが入っていればOKです。

認証後のTwitter developer portal 画面

APIキー・トークンの再取得方法

Twitter APIを使う時には以下の4つが必要になります。

  • APIキー
  • APIトークン
  • アクセスキー
  • アクセストークン

もし、これらを忘れてしまったときは、以下の手順で確認することが可能です。

Developer portalのダッシュボード画面にいき、鍵のマークをクリックします。 Twitter developer portalのダッシュボード画面

以下の画像の「Regenerate」をクリックすると、必要なキーが取得できます。 APIキーの再生性画面