【公式情報】Twitter API 禁止行為まとめ

Twitter APIの禁止事項まとめ

あこ
Twitterを自動化してフォロワー増やすぞー!ぐへへ
パパ
待ってあこちゃん!Twitter APIのルールはわかってる?
あこ
え?ルールがあるの?
パパ
ルールを破ると最悪アカウントが凍結されちゃうからちゃんと学んでね!

この記事は以下のツイッター公式情報をまとめたものです。

目次目次[閉じる]

他人のアカウントを使ったTwitter APIの使用

これは禁止行為ではありませんが、アカウント承認者の明確な許可を得る必要があります。

  • アカウントを使ってどのような自動化をするのかを明確に説明
  • 上記について、アカウント所有者の承諾
  • 止めてほしいとアカウント所有者の要望があったとき直ちに止めること
パパ
「アカウント使っていいよー」という許可だけではダメだからね!

自動ツイートについて

同一内容のツイート

同一のツイートを繰り返すとスパム認定される可能性があります。

たとえ、複数のアカウントを用いて同一のツイートを送っている場合も、スパム認定される可能性があるので注意しましょう。

不適切な情報の発信

常識的なことですが、以下のような内容のツイートを自動ツイートすることは禁止されています。

  • アダルトコンテンツ
  • 誹謗中傷・ヘイト行為
  • 個人情報を含む情報

許可を得ていない外部の情報を自動ツイート

気象データや株価データなど、外部のサイトの情報などを自動配信することが可能です。

しかし、情報元の許可を得ないまま自動ツイートすることは禁止されています。

@ツイートや返信ツイート

特定の検索キーに引っかかったツイートに一方的にリプライを送ること などは禁止されています。

パパ
例えば僕が「Python」というキーワードでツイートを検索して、全部いいね!するということはダメだね!

しかし、この@ツイートや返信には以下のような例外でOKになるケースがあります。

例外的にOK
  • 相手からの反応に対して1回だけ返信する場合
  • 相手から返信の要求または明確な許可があった場合
  • キャンペーン用のハッシュタグに対する自動返信の場合
あこ
「自分のツイートへの返信」に対しては自動で返信してもいいんだね!

ちなみに自分のフォロワーだからといって自動返信を許可したことにはならないので注意しましょう。

ダイレクトメッセージについて

一方的に他者に対してダイレクトメッセージを送りつけるような行為は基本的に禁止されています。

例外的にOK
  • 相手からのダイレクトメッセージの要求があった場合
  • 相手がダイレクトメッセージを受け取ることを了承していた場合

ツイートやアカウントに対する操作について

いいね!の自動化

原則として禁止されています。

これについては公式サイトにも詳細な説明がありません。念のため自動でいいね!はしないほうが無難です。

リツイートの自動化

公式サイトには以下のように書かれています。

他のすべてのルールを遵守していれば、エンターテイメント、情報提供、その他の新しい用途のためにリツイートや引用ツイートを自動的に投稿できます。

しかし、一方で過剰な利用は禁止されており、以下のような記載になっています。

リツイートの自動化は多くの場合、利用者の快適性を損ないます。そのため、リツイートの一括投稿や過剰投稿、スパム的なリツイートはTwitterルールで禁止されています。

どのあたりを過剰とするのかは難しいところですよね。

参考値として、APIを使ったリツイートの上限値は300件/3時間となっています。

この数字内に止めればOKということでもないので注意しましょう。

フォローとフォロー解除

こちらについてもリツイートと同じ感じになっていますが、以下のように書かれています。

witterアカウントを大量または無差別にフォローしたり、フォロー解除したりしないでください。過剰なフォローはTwitterルールで禁止されています。

これもあくまで参考値ですが、APIを使った上限値は1,000件/1日となっています。

リストやコレクションへの追加の自動化

公式サイトでは以下のように記載されています。

Twitterアカウントを大量または無差別にリストに追加したり、ツイートを大量または無差別にコレクションに追加したりしないでください。多数の無関係の利用者をリストに追加することは、Twitterルールで禁止されています。

規約に違反してしまった場合

規約に違反すると、以下のようなペナルティになる可能性があります。

  • Twitter APIの利用の規制
  • Twitter アカウントの凍結

一般的には規制になることが多いですが、悪質な場合はアカウントの凍結になることがあります。

「規制」の場合はしばらく時間が経つと、元に戻りますが、「アカウントの凍結」になると、最悪そのアカウントで積み上げたものがゼロになってしまう可能性があります。

基本的には他者に配慮した利用を心がける

これらの禁止事項の基本的な考え方はシンプルです。

  • Twitterの利便性を損なわせることをしない。
  • 他者の迷惑になることをしない。

同じツイートが自分のタイムラインに大量に表示されたら嫌ですよね。ダイレクトメッセージが何度も届いたら不快になりますよね。

Twitter APIはあくまで、他者の利益を産むためにあるのであって、個人の利益のために存在しているのではない、ということを理解しましょう。

あこ
APIはルールを守って利用しようね!